近くて遠い初勝利

試合結果
スポンサーリンク
スポンサーリンク

目次

  1. 試合結果
  2. 試合の展開
  3. ポジポジポイント
  4. ネガネガポイント
  5. 順位表&まとめ

試合結果

試合の展開

初回から試合が動く。
桑原・関根の連続ヒットでチャンスを作ると、宮崎のタイムリーと
田中俊太の内野ゴロ間の得点により2点先制に成功する。

3回にはまたも宮崎のタイムリー
が飛び出し点差を3点に広げる。

先発の大貫は危なげない投球を見せ
7回1失点の好投を見せる。

しかし後を受け継いだ石田が2つの四球で2アウトながら1・2塁の
ピンチを背負うと、内川に
タイムリーを浴び1点を返される。

ここで流れを止めるべく山崎康晃が
マウンドに上がるも塩見に同点タイムリー、川端に勝ち越しタイムリーを浴びる悲劇的展開。

9回裏には1アウト1・2塁のチャンスを作るも、佐野・宮崎が倒れ
ゲームセット。

7回まで完全にベイスターズペースだったが、まさかの逆転負けで
開幕以降4戦未勝利という
最悪のスタートダッシュに…

ポジポジポイント

☆大貫:7回1失点の好投! 
 今年も二桁勝利に期待がかかります!
 
 なお今日は勝ち星がつかなかった模様…

◎桑原:5打数4安打の大活躍!
 リードオフマンの役割を完璧に果たし、
 今シーズンは復活の年になりそうです✨

◎宮崎:2本のタイムリーで打線を牽引! 
 最後の打席は惜しくも凡退でしたが、
 今年も3割期待しましょう!!

○牧:今日は打って守って大活躍! 
 慣れないファーストの守備も華麗にこなし、
 今日も2安打で並のルーキーではない!

ネガネガポイント

・石田:昨年大活躍を見せたものの、
 今年は3戦連続失点と絶不調に。

 今日はコントロールが定まらず2四球。
 まだまだ本調子ではなさそうなので一旦
 勝ちパターンからは外した方が良さそう…

今日の喝!!














連続失点中の石田に自信を取り戻させるため
登板させたことは良かった。

だが調子の悪い石田を見切ることができず
山崎康晃の登板も後手に回ってしまった。

またヤスアキはこれまでピンチの場面で投入された経験があまりなく、
このような継投を行った采配には疑問が残る。

しかし番長もまだ監督1年目であるため上手く継投を容易ではないだろう。

ファンも一丸となって番長の監督としての成長を応援しよう。

順位表&まとめ

順位表

まとめ

正直今日は完全勝ちゲームだと油断していた。
これが野球の怖さでもあり、醍醐味であると改めて実感する試合となった。

しかしここまで桑原や関根、牧の活躍もあり
打線は開幕前心配されていたほど湿ってはないため、投手陣(特に勝ちパターン)が整備されれば希望が勝利は見えてくると思います。

明日はドラフト1位ルーキー入江が先発です。
かつて甲子園で3試合連続ホームランを放った
その打力にも注目しながら見ていきましょう!

ではまた明日!!

タイトルとURLをコピーしました