今週のピックアッププレイヤー✨広島東洋カープ 栗林良吏

ピックアッププレイヤー
スポンサーリンク

第二回となるピックアッププレイヤーですが、今週は広島東洋カープの栗林良吏です!
ドラフト1位の即戦力ルーキーとして入団し、守護神に抜擢されここまで7登板で(4月14日現在)無失点🔥
新人王候補として第一回でも紹介した牧や、阪神の大型ルーキー佐藤輝明とハイレベルな争いを繰り広げています✨

スポンサーリンク

目次

  1. 試合結果
  2. 試合の展開
  3. ポジポジポイント
  4. ネガネガポイント
  5. 順位表&まとめ
  6. ハイライト

選手紹介

2020年ドラフトにて、広島東洋カープにドラフト1位指名を受け入団。
社会人NO.1投手として即戦力の期待がかかり、150kmを超える直球に加え、切れ味のあるカットボール・フォークを投げ込む非常に総合力の高い投手。

社会人時代は先発を任されていたが、リリーフ陣が薄いというチーム事情もあり同期である森浦・大道とともに中継ぎとして起用され、開幕から守護神を任されている。

知って得する? ちょこっと豆知識

愛知県出身ということもあり、中日ファンであることを公言している。
しかし中日は地元である中京大中京高出身の髙橋宏斗を単独指名し、その夢は敵わず😞

髙橋宏斗は元々慶應義塾大学への進学を希望していたものの、不合格となったため急遽プロ志望届を提出。
もし高橋が慶應に合格して場合中日も栗林を指名し、競合の末念願のドラゴンズに入団していたかもしれませんね…

経歴

高校・大学時代

愛知県出身のため高校は地元愛知黎明高校に在籍。 名城大学に進学すると急成長を遂げ、3年春にはノーヒットノーランを達成し、日本代表にも選出。大学4年生時に志望届を提出もまさかの指名漏れ。

社会人時代

大学卒業後、トヨタ自動車に入社するといきなりエースとして活躍し、2年目には再び志望届を提出。
広島東洋カープが単独指名し、背番号はかつて北別府学や永川勝浩がつけた20を与えられた。

成績

登板数防御率勝利敗戦奪三振ホールドセーブ
70.0000805
この成績は4月15日現在です

リーグトップとなる5セーブを挙げ、7登板全て無失点に抑え防御率0.00をマークしています✨
強力な先発陣を擁するカープなのでセーブ機会も多くなると思いますが、新人最多記録である35セーブを目指して奮闘しています💪

(ちなみにこの新人最多セーブはご存知の方も多いでしょうが、2015年横浜ベイスターズの山崎康晃が記録したものです。今年は中継ぎとして上々のピッチングを見せています👏)

ここまでの活躍

3月27日 ドラゴンズ戦:プロ初登板でプロ初セーブを挙げる👏
(映像が見つからなかったため、記事だけになってしまいました。申し訳ありません🙇‍♂️)

3月30日 タイガース戦:リードはわずかに1点と痺れる場面での登板でしたが、
2者連続三振を含む3者凡退で2セーブ目を記録🔥

3月31日 タイガース戦:4試合連続登板となるも、疲労を感じさせないピッチングで
この日も3者凡退で3セーブ目🔥

4月9日 ジャイアンツ戦:1週間ぶりの登板も最後はダブルプレイに抑え4セーブ目✨
ここまで安定感抜群の投球を披露しファンからの信頼も厚くなります❗️

4月10日 ジャイアンツ戦:この日も2点差で登板し、きっちりと抑えリーグトップとなる5セーブ目💪
カードが1周りしましたが、なかなか攻略の糸口を見つけられませんね😲

まとめ

昨シーズンは中継ぎ・抑えの崩壊で5位に低迷したカープですが、栗林・森浦・大道のドラフト上位トリオがきっちりハマったことで安定した戦いを展開できています。
やはり山賊打線ほどの超強力打線を擁さない限り、投手陣が整備されないと上位に食い込むことは難しいですね😭(ベイスターズは投手陣、特に先発陣が崩壊してしまっているので苦しい戦いを強いられています…)

その中でも特に重要な守護神の座を掴み取り、ここまで無失点の活躍はすごいですね❗️
そろそろ「鯉のぼり」の季節がやってくるので、このまま勢いに乗ってチームを勝利に導いて欲しいです💪
(ルーキーの活躍はやっぱり贔屓球団の垣根を超えて嬉しいものです☺️)

それでは次回のピックアッププレイヤーもお楽しみに👋

タイトルとURLをコピーしました