完封リレーも援護なし 2戦連続引き分けで連敗ストップならず

ドラゴンズ戦
スポンサーリンク
スポンサーリンク

目次

  1. 試合結果
  2. 試合の展開
  3. ポジポジポイント
  4. ネガネガポイント
  5. 順位表&まとめ
  6. ハイライト

試合結果

試合の展開

大貫vs大野という投手戦が予想されたカードであったが、予想通り両者共に譲らず3回まで0を並べる。

先にチャンスを作ったのはベイスターズ。1アウト1・3塁の好機を作るも、今カードから復帰したビシエドの好守に阻まれ無得点。対するドラゴンズは7回、ノーアウト1・3塁のチャンスを作るも、大貫が踏ん張りここを0点に抑える。

ベイスターズは8回から山崎康晃・三嶋を投入、ドラゴンズは9回にR.マルティネスを投入し両者共に無得点のまま試合終了。ベイスターズは先週の日曜日の試合に引き続き、2戦連続の引き分けとなった。

ポジポジポイント

◎大貫:今季のベスト投球となる7回無失点でHQSを達成👏
特に7回は大ピンチを招くも無失点に抑えたことでなんとか引き分けに持ち込むことができました☺️

開幕以降先発がゲームを作れず、中継ぎ陣も次々と失点してしまう投壊の惨状でしたが、最近は投手陣が好投し最小失点で切り抜けるも打者陣が援護できないという状況に😭

どうしても外国人への依存率が非常に高いチームのため彼らの本領発揮を待つしか手はないのでしょうか…

◎山崎康晃/三嶋:両者共に0点という緊迫した場面での投球でしたが、きっちり0点に押さえ込みました✨
勝ちパターンが確立されているチームは接戦を落とさないので、これからもフル稼働してもらいたいです🔥

(連敗中はそもそも勝ちパターンが出てくる展開にすら持ち込めないのですが…)

ネガネガポイント

わずか3安打に押さえ込まれてしまい、唯一のチャンスは4回のみ。
佐野の痛烈な当たりはビシエドのファインプレーに幅間れ、牧には非常に厳しいインコース攻めで打てる球が来ませんでした…(さすがは沢村賞投手です)

前述しましたが、やはり外国人がどれだけ機能するかで大きく勝敗が関わって来ますので、ソト・オースティンには一刻も早く本調子に戻って欲しいです🔥

順位表&まとめ

順位表

まとめ

投手が良くなったら、打者が沈黙…  ホントに歯車が噛み合いませんね笑
番長もコメントしていたようにあと少しのところまで来ていると思うので、今日はは絶対勝って欲しいです!!

金曜日からは絶好調の阪神と当たるので中日戦で絶対連敗を止めなくては!
ではまた明日👋

タイトルとURLをコピーしました