ついにソフトボール決勝! 決戦前にルール&試合結果をサラッとおさらい!

オリンピック
スポンサーリンク



みなさんこんにちは、タヌキです。
いよいよオリンピックも開幕し、連日のメダルラッシュに日本も熱狂していますね☺️

今回は野球に関連してソフトボールに関する記事です。
ふとルールについて気になり、どうせなら!と記事にしてみました。
ソフトボールに関してはど素人ですが、素人ならではの記事だと思うので読んでみてください🙇‍♂️

スポンサーリンク

目次

  1. 野球とのルールの違いは?
  2. 代表選手紹介
    -1. 今大会注目の選手!
  3. ここまでの戦いを振り返って
  4. 決勝の相手アメリカはどれくらい強い?
  5. まとめ

野球とのルールの違いは?

野球と似ている競技ですが、別競技ですのでルールも違います。
どのような違いがあるか、見ていきましょう。

代表的な野球との違いとしては以下の6点です。

  • グラウンドの広さ
  • ピッチャーの投球距離と塁間の距離
  • 用具の違い
  • イニング数
  • 交代ルール
  • 走塁ルール

グラウンドの広さ

まず一つ目は「グラウンドの広さ」です。
ソフトボールでは、ホームベースから外野フェンスまでの距離が「男子68.53m以上」「女子60.96m以上」と定められており、野球よりも2まわりほど小さくなっています。

ピッチャーの投球距離と塁間の距離

グラウンドの広さが狭いため、当然ピッチャーの投球距離と、塁間の距離も狭くなっています。
ソフトボールでは「男子14.02m」「女子13.11m」と、野球と比べ投球距離が約4〜5mも短くなっています。


ソフトボールの方が球速自体は最大120kmほどですが、距離が短いぶん体感速度が上がります。
例えば120kmを計測した場合、体感速度は160kmを超えます!
体感的にはピッチャー大谷と同じくらいの速さということです😲

塁間距離も野球の塁間が「27.431m」であるのに対し、ソフトボールの塁間は男女ともに「18.29m」です。
また1塁ベースのみ打者用の「オレンジベース」と、守備用の「白ベース」の2つが使用されます。
距離が短い分クロスプレーが多くなるという懸念から、このダブルベース制が導入されたようです。

打者用のオレンジベースはファールゾーンに設置されているため、打球がオレンジベースに当たった場合はファウルになるそうです。(白ベースの場合はフェア)

用具の違い

ボールの大きさが違うことは、普段野球しか見ないような人でもご存知ではないでしょうか。
ソフトボールの3号球は「周囲30.48cm/重さ190〜195g」と定められ、野球の硬式球よりも一回以上大きいです。
重さもかなりあり、当然飛びづらいためグラウンドの広さも狭くなっています。

写真で一目瞭然、かなり大きさが違いますね。

イニング数

野球は9イニング制ですが、ソフトボールは7イニング制です。
また今大会では延長8回からタイブレーク制が設けられており、ノーアウト2塁からスタートします。

交代ルール

野球は一度ベンチに退くと、再び出場することはできません。
一方ソフトボールは1度退いた後も再び同じ打順に復帰できる「リエントリー制度」が導入されています。
そのため、ソフトボールでは試合序盤に代打や代走を起用も見られるそうです。

さらにDP(打撃専門)とFP(守備専門)の選手登録が可能です。
DP制度を使用すると10人が出場可能となり、打撃はDPの選手、守備はFPの選手が対応します。

走塁ルール

野球ではリードをとるのが基本ですが、ソフトボールは塁間が狭いためピッチャーの手からボールが離れるまで塁から離れることが禁止されています。
しかし盗塁自体は可能であり、野球同様走力に自信のある選手は積極的に盗塁を仕掛けるようです。

代表選手紹介

次に日本代表選手について紹介していきます。
代表選手は全員で15人、特に投手は3人のみと侍ジャパンと比べて少ない印象です。

投手

  • 上野 由岐子 (ビックカメラ高崎)
  • 後藤 希友 (トヨタ自動車)
  • 藤田 倭 (ビックカメラ高崎) *二刀流のため打者としても出場

捕手

  • 我妻 悠香 (ビックカメラ高崎)
  • 清原 奈侑 (日立)
  • 峰 幸代 (トヨタ自動車)

内野手

  • 渥美 万奈 (トヨタ自動車)
  • 市口 侑果 (ビックカメラ高崎)
  • 川畑 瞳 (デンソー)
  • 内藤 実穂 (ビックカメラ高崎)
  • 山本 優 (ビックカメラ高崎)

外野手

  • 原田 のどか (太陽誘電)
  • 森 さやか (ビックカメラ高崎)
  • 山崎 早紀 (トヨタ自動車)
  • 山田 恵里 (デンソー)

各選手の特徴や経歴については、こちらのページからご確認ください。

今大会注目選手!

ソフトボールに関してはど素人のタヌキですが、今大会注目の選手を紹介していきます。

上野 由紀子 (投手)

伝説の「上野の413球」で北京オリンピックを金メダルに導いた生けるレジェンドです🔥
まさか今も現役で、しかもエースとして君臨しているとは驚きました…

今大会も3試合先発し、カナダ戦では金属バットをへし折る球威を見せつけました😲
実は北京大会の時も折っているようで…😅

後藤 希友 (投手)

若干20歳ながら、快刀乱麻の奪三振ショーを見せるニューヒロインです✨

メキシコ戦では7回、同点に追いつかれなおも無死1・2塁のピンチを託されると、2者連続奪三振を奪うなど無失点に抑え、延長戦でも無死2・3塁から3者連続三振を奪いチームのサヨナラ勝ちに貢献します。

さらにカナダ戦では7回からマウンドに上がり6者連続奪三振を奪うまさにパーフェクトクローザーぶり。

切れ味抜群のチェンジアップを武器に、内外を完璧に投げわける素晴らしい投手です。
ベイファン的にはコントロールのいい濱口ですね、抑えて当然ですね☺️

藤田 倭 (投手/野手)

3人目は「ソフト界の大谷翔平」と呼ばれ、 二刀流として活躍する藤田 倭(やまと)選手です。
今大会でも3試合連続ホームランを放つなど、野手としての活躍が光ります!

ここまでの戦いを振り返って

明日の決勝の前に、ここまでの試合をハイライトで一気に振り返りましょう。

vs オーストラリア戦

vs メキシコ戦

vs イタリア戦

vs カナダ戦

vsアメリカ戦

2度のサヨナラ勝ちを含む4連勝もあり、グループ2位で明日の決勝に挑みます!
個人的には守備の固さに感嘆しました! 内野が固いと失点も自ずと減りますね☺️

決勝のアメリカはどれくらい強い?

明日の決勝戦は、ここまで5戦全勝のアメリカを再び激突です💥
世界ランキングは1位であり、優勝候補の本命です。

また北京大会でも登板したアボット投手を筆頭に、投手陣がかなり強力です。
日本人がまだアボット現役なのか!と驚かされたように、アメリカ人もまだ上野が投げていることに驚いているでしょう😅

身長はなんと191cmもあり、驚くほど足が長いですよね😲

今日の試合でも強力な日本の打線も、バッテリーエラーによる1得点に抑え込まれています。
勝機としては、上野-後藤のリレーでできるだけ無失点に抑え、1点勝負に持ち込むことが重要だと思います!
(今大会しか真面目に見ていないミーハーの意見ですが…😅)

まとめ

みなさん野球とのルールの違い、今大会の振り返り等サラっと振り返りましたがいかがだったでしょうか?
ルールとしてはリード(盗塁)に関する違い、DP・FP制度が新鮮でした☺️

これまでの試合ではやっぱり後藤投手の活躍が光りますね✨
彼女無くしてはここまで勝てなかったと言っても過言ではありません!

最後になりますが、明日は決勝戦・強敵アメリカです🔥
卓球の混合ダブルスが難攻不落の中国をついに攻略したように、感動の金メダルを期待しましょう!

ではまた次の記事で👋



タイトルとURLをコピーしました