[エキシビション De 2-11 B ] 8回一挙8失点で公式戦前最終戦を落とす

エキシビションマッチ
スポンサーリンク



スポンサーリンク

目次

  1. 試合結果
  2. 試合の展開
  3. ポジポジポイント
  4. ネガネガポイント
  5. 順位表&まとめ
  6. ハイライト

試合結果

試合の展開

公式戦再開前、最後の一戦となったこの試合。
先発は久しぶりの一軍登板となる濱口。
初回からノーアウト1・2塁を招くも、後続を三者連続三振で無失点に抑える。

打線は2回、牧のタイムリーで先制に成功するも、その後はなかなかヒットが出ない苦しい状況。
そのまま試合は5回を迎え、濱口は同点タイムリーに勝ち越し2ランを浴び、5回途中3失点で降板。

3-1のまま迎えた8回、5番手シャッケルフォードが登板するも1アウトしか取れず4失点。
緊急登板となった櫻井も2暴投と制球が定まらず4失点、8回だけで計8失点と大炎上。

9回に細川がソロを放つも、焼け石に水。
2-11で大敗となった。

ポジポジポイント

◎桑原:3打数2安打で後半戦に向け上々の結果を残しました✨
後半戦も1番・センターとして不動の活躍に期待です🔥

◎牧:今日は先制タイムリーと、昨日に続く活躍を見せました☺️
リフレッシュ十分でセカンドのスタメンガッチリです💪

◯細川:今日は途中出場も9回にソロを放ちました💥
徐々に一軍レベルに対応できるようになっていると信じたい!

◯楠本:今日も一打席目にヒットを放ち、昨日から4打席連続ヒットとなりました👏
後半戦もこの調子で頑張って欲しいです🔥

ネガネガポイント

△濱口:結果としては四球が多く、5回途中3失点でしたがまずは100球投げられる姿が見られて良かったです☺️
エース今永と二枚看板で投手陣を引っ張って欲しいです!

×シャッケルフォード:1アウトしか取れず5失点と大炎上してしまいました😢
やはり家族が来日できない寂しさをツイッターで発信していましたが、他球団では実際に退団している選手がいるように、何か対策が必要ですね。

まとめ

エキシビションマッチ最終戦はかなり厳しい結果になってしまいました…
投手陣の炎上だけでなく、打者陣も4回以降は細川のソロ1本に抑え込まれるなど、投打共に精彩を欠く内容でした。

打者陣は代打として楠本・伊藤裕のメドが立ち、オースティンも合流するので問題ないでしょうが、やはり課題は投手陣です。個人的には櫻井がこのエキシビションで制球を乱しているのが気になります。

公式戦は14日、新潟球場での再開となります。
相手は首位阪神と2.5ゲーム差と、優勝を狙える位置につけているヤクルトです。

新潟のベイスターズファンを満足させる試合に期待しましょう✨
ではまた👋

ハイライト



タイトルとURLをコピーしました