[試合結果 De 1-2 S] 攻守に渡り精彩を欠き連敗 ヤクルト戦の借金9に増加

ヤクルト戦
スポンサーリンク
スポンサーリンク

試合結果

試合の展開

後半戦好調の大貫は初回、2アウト1・3塁のピンチを招くも無失点に抑える立ち上がり。
打線も2回に伊藤光のタイムリーで1点を先制する。

しかし4回、2アウト1塁の場面でサンタナが放った高く上がったフライを、牧とオースティンが交錯し痛恨の落球。1塁走者が一気に生還し同点に追いつかれる。

その後の勝ち越しのチャンスを幾度となく作るも、ゲッツーや牽制死、痛烈な打球が守備範囲内だったりとあと一本が出ず嫌な流れとなる。

1-1のまま迎えた9回、エスコバーが登板するもバント処理に失敗し1アウト1・2塁のピンチを招く。
ここで山﨑にスイッチし2アウトまでこぎつけるも、代打・中村に勝ち越しタイムリーを許す。

9回裏には牧が執念のヘッドスライディングで内野安打をもぎ取るも、森が三振に倒れゲームセット。
ヤクルト相手に連敗を喫し、4勝13敗と大きく負けこしている。

ポジポジポイント

大貫晋一

今日も実質7回無失点の力投を披露しました✨
先週に引き続き勝利投手とはなれませんでしたが、安定感のあるピッチングが光ります☺️

ネガネガポイント

今日は非常にミスの目立つ展開となりました。
守備では共に失点につながる記録に残らないエラー、攻撃では宮﨑の牽制死に3併殺。
特に7回の場面では1塁ランナーの森が何度もスタートを切った場面ではファールになるも、切らなかった時に限ってゲッツー。

非常もどかしい試合展開となりましたが、来年以降優勝を目指すためにはこのような接戦をものにしていくことが重要だと思います。

順位表&まとめ

順位表

まとめ

なかなかヤクルトに勝てませんね😅
ここまで大きく負け越している要因は様々だと思いますが、一番大きいのは投手の相性だと思います。
他チームは清水・マクガフの勝ちパターンを打ち崩して得点するケースも見られます。

しかしベイスターズはこの2人からほとんど打てておらず、対戦防御率はそれぞれ0.82と0.00と清水から1点しか取れていません。

この勝ちパターンが打ち崩せず、接戦でもそのまま逃げ切られてしまうのではないでしょうか。
ここから得点できるようになると、大幅な負け越しは解消されると思います。

ネガティブなことばっかり言ってても始まりませんので、明日の話をしましょう😅
明日は石田が先発予定で、今シーズン初の先発起用となります。
2軍では完全試合に近い投球をしたかと思えば、次の試合で炎上してしまったりと安定感に欠ける内容となっています。
どうか良い方の石田が出ますように🙏

それではまた明日👋

今日の現地観戦日記

今日は昨日よりも若干蒸し暑く、すでに日も落ちていました。

今日は早く着いたため、チャピーとバートの戯れシーンも撮影できました☺️

試合中は撮影を忘れて集中してしまいましたが、9回にまさかヤスアキが登場するとは思わなかったのでこのシーンは写真に収めておきました!

残念ながら試合は敗れてしまいましたが、3連戦全て観戦するのでせめて1回くらいは勝って欲しい…

ハイライト

タイトルとURLをコピーしました