ベイスターズ戦を視聴するには? DAZNやParaviなどオススメの方法を紹介

スポンサーリンク

ベイスターズ戦を
自宅や外出先でも楽しむ方法

現在様々なスポーツ配信サービスが提供され、プロ野球を視聴する方法はいくつもあります。
しかしその選択肢の多さから、結局どれと契約すればいいの?どれが一番安いの? 

本記事を読めばこれらの疑問について解消することができると思います!
今回はベイスターズ戦に限って解説したいと思いますので最後まで読んでくれたら幸いです。



スポンサーリンク

目次

  1. 視聴可能なテレビ・ネット配信
  2. テレビチャンネルのメリット・デメリット
  3. ネット配信サービスのメリット・デメリット
  4. タヌキの一押し視聴方法
  5. まとめ

視聴可能なテレビ・ネット配信

昔に比べるとテレビでプロ野球を放送することは減りましたが、それでも多くの試合が放送されています。
まずは視聴可能なテレビチャンネルから見ていきましょう。

ベイスターズ戦を視聴可能なテレビチャンネル

  1. BS-TBS
  2. TBSチャンネル2
  3. tvk1

次に視聴できるネット配信を紹介します。

ベイスターズ戦を視聴可能なネット配信サービス

  1. DAZN
  2. ニコニコプロ野球チャンネル
  3. Paravi
  4. J SPORTSオンデマンド

それではこれらのテレビチャンネルとネット配信サービスを
利用するために必要な手続きと費用を紹介します。

テレビチャンネルのメリット・デメリット

費用手続き放送頻度視聴範囲
  • BS-TBS
  • TBSチャンネル2
  • tvk1
  • まずは費用の面からそれぞれを比べて見ていきましょう。

    費用

    BS-TBSはBSを視聴できる環境であれば無料で視聴することができます。またtvkは神奈川県全域と隣接する都県の一部で視聴できるローカルテレビ局となっているため、こちらも無料での視聴が可能。そのためという評価に。
    ちなみにtvkを視聴可能な地域はこちら(tvk_放送エリア)からご確認ください。

    一方TBSチャンネル2はCS有料放送で視聴できるチャンネルとなっており、スポーツだけでなくドラマやバラエティを視聴することもできます。

    そのため他の2チャンネルとは異なり月額1100円を支払う必要があるためという評価になっています。


    次に手続きの側面から見ていきましょう。

    手続き

    手続きの面においてもBS-TBSとtvkはテレビさえあれば視聴できるチャンネルため必要な手続きは一切ありません。
    そのためリモコン1つで簡単に視聴できます。そのためこちらも評価はとなりました。

    一方TBSチャンネル2は有料のチャンネルであるため、加入するための手続きが必要になってきます。こちらのホームページに記載された方法に沿って登録を進める必要があり、手続き完了後30分ほどで視聴することができます。
    このように面倒くさいなと感じる方もいらっしゃると思われるので評価はとなりました。

    ここまで読んで下さったみなさんはTBSチャンネル2で視聴するメリットがないのでは?と思ってらっしゃる方が多いと思われるが、TBSチャンネル2の巻き返しはここからなんです!

    ということで次は放送頻度について見ていきましょう。

    放送頻度

    BS-TBSとtvkは一放送局であるため全試合を放送しているわけではありません。
    こちらがBS-TBStvkのプロ野球放送予定表です。
    (タップまたはクリックするとそれぞれのプロ野球放送予定表に飛びます)

    それぞれベイスターズ戦を放送する回数はBS-TBSが34回、tvkは41試合となっています。ベイスターズ主催の公式戦は71試合あるため、それぞれ半分以上中継することになるので評価はとなりました。

    一方のTBSチャンネル2は、ベイスターズ主催の公式戦は全71試合を完全生中継で視聴することができます!
    そのため当然評価は!また3月に開催されるハマスタ主催のオープン戦も視聴できる点もGood!

    最後は視聴範囲について見ていきましょう。

    視聴範囲

    BS-TBSとTBSチャンネル2はそれぞれBSを視聴できる環境なら、CS有料放送に加入ならば全国どこでも見ることができます。そのため評価はとなりました。

    しかしtvkは上述したようにローカルテレビ局であるため神奈川県を中心としたごく限定的な地域でしか視聴することができません。視聴範囲がとても限られていることから評価はとさせていただきました。

    次にネット配信サービスについて紹介しましょう。

    ネット配信サービスのメリット・デメリット

    費用手続き放送頻度視聴範囲画質
    DAZN
    ニコニコ生放送×
    Paravi
    J Sports オンデマンド()

    費用

    DAZNとはスポーツ専門のネット配信サービスであり、プロ野球だけでなくJリーグやゴルフなど様々なスポーツをライブで視聴することができます。

    しかし視聴できるスポーツの多さから月額1925円と少々高い値段となっているためという評価に。(主は2020年10月までにDAZN for docomoに加入していたため現在も月額980円で視聴できているためDAZNを利用しています)

    ニコニコ生放送はドワンゴが提供するライブストリーミングサービスであり、こちらはプロ野球だけでなくゲーム実況やアニメなどを視聴することができます。

    ニコニコ生放送についてはご存知のかた多いと思われますが、無料で視聴することができます!そのため評価は当然となります。

    Paraviは「国内最大級のドラマ視聴サービス」を強みにしているネット配信サービスです。こちらはプロ野球の配信がメインではなくドラマをたくさん観たい!という方向けのサービスであり、月額1017円で加入でき、DAZNよりも低額のため評価はとなりました。

    J Sports オンデマンドはDAZNと同様スポーツ専門のネット配信サービスですが、モータースポーツやクライミングといったマイナースポーツも視聴できるという点に違いが見られます。

    なおプロ野球だけを視聴できる「野球パック」があり、月額1800円で加入できます。また25歳以下なら月額900円で視聴できる「U25割」もあるため学生のみなさんには大変オススメです!
    そのため一般料金なら評価はですが、25歳以下なら半額のためという評価に。

    手続き

    DAZNとParaviは登録必要ではありますが、購入するプランを選択肢し、支払い方法を選択するだけで簡単に視聴可能なため非常にスピーディーに登録を進めることができます。

    実際私は5分〜10分程度で登録が完了しました。
    手続きは必要ですが大して時間は要さないので評価はとなりました。

    ニコニコ生放送は無料なだけでなく、必要な登録も一切ないので検索していただければすぐに視聴可能です!!
    そのため評価は!!

    J Sports オンデマンドは前述の「野球パック」を購入する前にJ Sports IDを取得しなければならないため、DAZNやParaviと比較すると必要な手続きは増えてしまいます。
    私が登録手続きをした際は、15~20分程度要したため、評価は△となりました。

    放送頻度

    DAZNはなんとベイスターズ主催試合だけでなく、広島を除いた11球団主催試合を視聴することができます!!
    これがどれほどすごいかというと、広島主催のベイスターズ戦は全14試合以外全て、
    つまり143試合中124試合を視聴できるということです!ビジターゲームも見たい!という方には
    圧倒的オススメのため評価は以上のとなりました!

    ニコニコ生放送、Paravi、J Sports オンデマンドは全てベイスターズ主催の公式戦全71試合を視聴できるため
    評価はになりました。
    またJ Sports オンデマンドではカープ・ドラゴンズ主催試合も視聴できるため約100試合ほど視聴可能になります。

    視聴範囲

    全てネット配信サービスであるため、ネットワークが使用できる環境であればどこでも視聴できます!
    そのため評価は全てに!

    画質

    DAZN、Paravi、J Sports オンデマンドはテレビ放送よりは多少画質が落ちますが特段気になるような点はないため、評価はに。

    ニコニコ生放送ですが、ここまで全てを獲得しており「最強じゃん!無料だしこれだけで十分でしょ!」と思いの方、落とし穴があるんです。
    無料であるということは非常に多くのユーザーがアクセスでき、回線が混みあうことが多々あり画質は正直めちゃめちゃ悪いです。

    また月額550円で加入できるプレミアム会員制度があり、こちらのユーザーの視聴が優先されるため無料会員は「追い出され」、視聴できなくなってしまいます。
    このようなデメリットが非常に多いため、評価は×とさせていただきました。

    タヌキのオススメ視聴方法

    無料でお手軽! 気軽に楽しみたい人は?

    いきなりお金を払うのには抵抗があるな…という人には
    BS-TBS(または tvk)+ニコニコ生放送のセットがオススメ!!
    どちらも無料かつ手続きは必要ないため誰でもいつでも簡単に野球が見られます!

    ただしテレビの場合見られる試合はランダムであり、事前に番組表の確認をしましょう。
    また無料でニコニコ生放送を見る場合は低画質であること、最悪の場合視聴すらできないことを気をつけましょう

    少額の出費なら全然OK! ちゃんと野球を見てみたい人は?

    月1000〜2000円の出費なら全然問題ない! シーズンの半分は野球を見たいな!という人には
    DAZNが断然オススメ! DAZNならほぼ全ての試合を試合を見られるため周りの野球ファンと盛り上がれること間違いなし!

    スポーツだけでなくドラマやバラエティも見たいんです!という方にはTBSチャンネルとParaviがオススメ。どちらも月額1000円程度で野球とテレビを楽しめます!

    全試合見ないと「真のベイファン」とは呼べないよね? 

    「俺は/私は全143試合見ないといけないんだ!」というベイスターズに人生の半分くらい捧げたい人には
    DAZN+J Sports オンデマンドに加入するのがオススメ! DAZNでは視聴できないカープ主催のゲームをJ Sports オンデマンドでカバーできるため、全143試合見ることが可能です!

    ただしどちらも加入した場合1925円+1800円=3725円とかなり高額になるだけでなく、週6日野球観戦に約3時間程度時間を割くことになるためお金の時間に余裕のある方向けになります。

    まとめ

    いかがだったでしょうか?
    できる限り全てのテレビ・ネット配信サービスについて解説したつもりですが、気になることがありましたらお気軽にコメントまたはツイッターにDMをください。
    それではみなさん楽しくベイスターズ戦を観戦できますように!




    スポンサーリンク
    野生のタヌキをフォローする
    集まれベイファン!野球ファン!
    タイトルとURLをコピーしました